【石巻工房の家具 2011-2017】

石巻工房は、東日本大震災後に宮城県石巻市で、国内外のデザイナーや建築家、家具メーカーらの支援を受けて、被災した地域を住民自らが復旧するための「ものづくり工房」として設立されました。現在は“DIYとデザインの力で人と街を興す、世界初のDIYメーカー”として自立し、「規格材で、特殊な工具は使用しない」セルフビルド精神を貫きながら、シンプルでありながらデザイン性に優れた家具を、石巻から世界へ発信し続けています。
この展覧会は、2011年から現在まで石巻工房がつくってきた60点以上の家具を、工房スタッフの証言とともに時系列で展示いたします。地域再生プロジェクトとしての6年間の軌跡は、「デザインとは何か?」という再考を私たちに促すとともに、混迷する社会を生き抜くキーワードとしてのDIY(Do It Yourself/必要なものは自分でつくる)を浮かび上がらせます。
※本展覧会は、東根市まなびあテラスで行われた展覧会「”Do It Yourself” 石巻工房の家具2011-2017」を再構成した企画展です。
協力:芦沢啓治建築設計事務所、まなびあテラス、宮本武典、NHKプラネット、株式会社アートエッグ、中島彩、杉の下意匠室、高い山デザイン、MIRU DESIGN
写真:尾鷲陽介、吉次史成

□会期
6/16(金)-7/16(日) 11:00-19:00 (水曜休)

□オープニングイベント
6/15(木) オープニングパーティー 19:00~

□クロージングトークイベント
7/14(金) 19:30-
「石巻工房のデザインが持つ可能性」
モデレーター
-長岡勉
パネリスト
-トラフアーキテクツ 鈴野浩一
-ドリルデザイン
-藤森泰司
-芦沢啓治

□ワークショップ

13668029_001_OL_RGB-01

CARRY STOOLワークショップ(参加費2000円)
6/24 11:00~ / 13:00~
7/8  11:00~ / 13:00~
参加ご希望の方は、
タイトル:CARRY STOOLワークショップ参加希望
本文:参加希望日時、参加人数、名前、連絡先
を明記の上、
info@designkoishikawa.com
まで、メールにてお申し込みください。

Tama Art University / Environmental Design
Dining Chair Exhibition 2017 “DIALOGUE”

This is a dining chair exhibition by 3rd Year students from Tama Art University Environmental Design School. Based on the topic of dining chair, fundamentals of spatial design are being studied through series of sketches, model making, wood selection, as well as practical workshop experience. You are welcomed and please enjoy the conversation with the 25 pieces of dining chair created in this -dialogue- .

For more details, please visit
Facebook Page ・ Facebook Event ・ Twitter


Exhibition period:11/21(Tue) – 26(Sun) 11/22(Wed)Closed
Time:11:00 – 19:00
Reception Party:11/21(Tue) 18:00 – 20:00
Sponsor:ケベック木材製品輸出振興会
Support:北洋木材工業株式会社